FXスプレッドと手数料の違いって?

FXスプレッドと手数料の違いって?

一般的にFXの手数料とよばれるものには、

 

@取引手数料

 

Aスプレッド

 

の2種類があり、一般的に手数料といえば、@の取引手数料のことを指します。

 

 

FXスプレッドとは

 

 

 

取引手数料について

よくFX会社のウェブサイトで見かける 「手数料無料」「手数料ゼロ」というのは、取引手数料のことです。

 

取引手数料は、往復で2回徴収されます。

 

 

往復として2回手数料を徴収されるのは、新規注文(ポジションを建てるといいます)の時と、決済注文の時です。
取引手数料は、『片道○○円』と表現されます。

 

 

片道とは、新規注文時の分(もしくは決済注文時の分)だけのことです。

 

 

新規注文・・・片道(行き)
  ↓
ポジションを保有
  ↓
決済注文・・・片道(帰り)

 

 

ほとんどのFX会社は、取引手数料を無料にしています。

 

 

私が超おススメのスプレッドが狭いFX会社!!

私の経験上、スプレッドが狭いほど、勝ちやすいのは明らかです。
当たり前といえば、当たり前か〜ごめんなさい(笑)


私は、基本毎日取引を行いますが、操作画面や、ツールの使い勝手がよいので、毎日のトレードがやりやすくてよいと思います。
しかし、このあたりは個人差もあるので、実際申し込んで自分で試して使ってみたほうがよいですね。


いろいろなFX会社があって迷うと思いますが、実際、私自身が使いやすいFX会社をご紹介しますね。


気になるそのFX会社とは・・・

DMM.com証券です。(スプレッドがFX会社の中で一番狭いのです。)



ちなみに、口座開設や維持手数費は「無料」ですので、安心ですよ。


DMM.com証券は、「DMM.com証券は、ローラちゃんがCMしている会社で、ご存知の方も多いと思います。 国内口座数第1位※なんだって(‐^▽^‐)
※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)」