FXスプレッドが狭いとは?

FXスプレッドが狭いとは?

FXスプレッドが狭いとは、ビッドレート(買値)=BID、オファーレート(売値)=ASKの差が狭いということです。

 

 

FXスプレッドの差はそのまま取引コストとなりますので、スプレッドの狭いFX会社を選ぶことが重要です。

 

実は、各FX会社や通貨の種類によって、スプレッドは意外に異なるものです。

 

 

 

 

FXが狭い

各FX会社は、「最狭スプレッド」、「業界最狭水準スプレッド」、「激狭スプレッド」、「スプレッド縮小」などの表現を使ってCMをしています。

 

 

しかし、実際には「最狭」を謳っている会社も複数あったりしますので、じっくり落ち着いてスプレッドの比較検討をしてみるとよいでしょう。

 

 

 

また、キャンペーン企画や取引時間によっても、スプレッドの狭さは異なってきますので注意が必要です。

私が超おススメのスプレッドが狭いFX会社!!

私の経験上、スプレッドが狭いほど、勝ちやすいのは明らかです。
当たり前といえば、当たり前か〜ごめんなさい(笑)


私は、基本毎日取引を行いますが、操作画面や、ツールの使い勝手がよいので、毎日のトレードがやりやすくてよいと思います。
しかし、このあたりは個人差もあるので、実際申し込んで自分で試して使ってみたほうがよいですね。


いろいろなFX会社があって迷うと思いますが、実際、私自身が使いやすいFX会社をご紹介しますね。


気になるそのFX会社とは・・・

DMM.com証券です。(スプレッドがFX会社の中で一番狭いのです。)



ちなみに、口座開設や維持手数費は「無料」ですので、安心ですよ。


DMM.com証券は、「DMM.com証券は、ローラちゃんがCMしている会社で、ご存知の方も多いと思います。 国内口座数第1位※なんだって(‐^▽^‐)
※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)」