FXスプレッドが広がるときはどういう時?

FXスプレッドが広がるときはどういう時?

FXスプレッドが広がるときはどういう時?

 

 

一般的に、市場の流動性が低下したにFXスプレッドは広がります。
流動性が低いというのは、市場での売買が少ない状態のことです。

 

 

FXスプレッドが広がる

売買が少ないというのも、いろいろな状況があります。

たとえば、早朝などに市場に参加している人が少ない場合にも売買は少なくなります。

 

 

また、重要な経済指標が発表された後などは、なんらかの理由で売りもしくは買いの一方の注文が多くなります。

 

こうしたときは、一時的に売買が成立しにくい状況でも流動性は下がります。

 

 

このように何らかの理由で相場が急変し、売買が減り流動性が低下した場合にその通貨ペアのスプレッドは広がることになります。

 

ちなみに、通常、FX会社のウェブサイトを見ると、スプレッドの説明には、「スプレッドは相場急変時、指標発表時当に拡大する場合がございます」という趣旨の表記がなされていると思います。

 

 

 

実際のFX取引でのスプレッドは、それぞれのFX会社が決めます。
通常スプレッドが広がるような状況でもFX会社によって大きく広がるところとそうでないところと差が出る場合があります。

 

 

私が超おススメのスプレッドが狭いFX会社!!

私の経験上、スプレッドが狭いほど、勝ちやすいのは明らかです。
当たり前といえば、当たり前か〜ごめんなさい(笑)


私は、基本毎日取引を行いますが、操作画面や、ツールの使い勝手がよいので、毎日のトレードがやりやすくてよいと思います。
しかし、このあたりは個人差もあるので、実際申し込んで自分で試して使ってみたほうがよいですね。


いろいろなFX会社があって迷うと思いますが、実際、私自身が使いやすいFX会社をご紹介しますね。


気になるそのFX会社とは・・・

DMM.com証券です。(スプレッドがFX会社の中で一番狭いのです。)



ちなみに、口座開設や維持手数費は「無料」ですので、安心ですよ。


DMM.com証券は、「DMM.com証券は、ローラちゃんがCMしている会社で、ご存知の方も多いと思います。 国内口座数第1位※なんだって(‐^▽^‐)
※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)」