FXとはいったい何?

FXとはいったい何?

FXとは、正しくは「Foreign Exchange」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引」といいます。

 

 

「外国為替」とは異なる二国間の通貨を交換することです.。
FXでは、この為替の差異に注目し、外貨を売買することでその差額を利益として手にすることができます。

 

 

FXの最大の特徴は、証拠金と呼ばれる担保を取引業者に預けることで、手持ちの資金の何倍もの外貨を売買し、大きな取引をすることができることです。

 

 

つまり、自己資金が少額からでも始められます。
この手持ち資金の何倍もの外貨を売買できることを「レバレッジ(てこの原理)」といいます。

 

 

 

 

FXで扱われる通貨の種類

FXの通貨

FXでは、具体的にどのような通貨の取引ができるのでしょうか。

 

 

一言で言えば、世界の多くの通貨と取引が可能です。

 

 

世界の機軸通貨である米ドルをはじめ、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、豪ドルなど、さまざまな種類があります。

 

 

しかし、FXで利益を出すためには、 どれを購入してもよいというわけではありません。

 

そもそも、FXは円で外貨を購入し、 為替相場の変動に合わせて、売買をして利益を得ていく投資です。
各通貨の特徴をしっかりと把握したうえで、通貨選びをしていきましょう。

 

 

円は世界的に見ても信用はされています。
しかし、現在は経済の影響を受けて低金利という特徴があるのを忘れてはいけません。

 

 

例えば、金利の高さを求めて豪ドルを選択する、なども時には必要です。

 

 

 

 

オススメの通貨は?

一番オススメとされるのは、予測が立てやすい通貨です。
素直な為替変動をする通貨であれば、売買のタイミングがつかみやすいと言われています。

 

 

流通量の多い米ドルやユーロは、値動きが安定しているので、初心者の方にオススメです。
しかし、為替は各国や世界の経済の影響を受けて変動することも十分考慮にいれておいてください。

 

 

また、「FXを始めようと思った時」と「実際に購入する時」で為替が変化しているのも当たり前です。
通貨を選んで安心しているのではなく、常に最新の情報を手に入れる姿勢が大切とも言えます。

 

私が超おススメのスプレッドが狭いFX会社!!

私の経験上、スプレッドが狭いほど、勝ちやすいのは明らかです。
当たり前といえば、当たり前か〜ごめんなさい(笑)


私は、基本毎日取引を行いますが、操作画面や、ツールの使い勝手がよいので、毎日のトレードがやりやすくてよいと思います。
しかし、このあたりは個人差もあるので、実際申し込んで自分で試して使ってみたほうがよいですね。


いろいろなFX会社があって迷うと思いますが、実際、私自身が使いやすいFX会社をご紹介しますね。


気になるそのFX会社とは・・・

DMM.com証券です。(スプレッドがFX会社の中で一番狭いのです。)



ちなみに、口座開設や維持手数費は「無料」ですので、安心ですよ。


DMM.com証券は、「DMM.com証券は、ローラちゃんがCMしている会社で、ご存知の方も多いと思います。 国内口座数第1位※なんだって(‐^▽^‐)
※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)」